全身脱毛 溝の口

色素沈着とは?

多くの女性がムダ毛の悩みを抱えていますが、ほとんどの場合、最初はカミソリや毛抜きなどで自己処理をするのではないでしょうか。ムダ毛が濃くなる時期といえば中学生ぐらいからですから、自己処理歴はみなさんかなり長いですよね。ムダ毛処理を続けていてしばらくするとその部分が黒ずんでくることに気付く人も多いと思います。この黒ずみのことは、色素沈着といいます。どうしてムダ毛の自己処理を続けていると色素沈着が起こるのでしょうか?色素沈着というのは細胞内にメラニン色素が沈着することで起こります。そしてメラニン色素というのは、皮膚の防衛反応として生成されます。つまり、鋭い刃のカミソリで表面をなぞられたり、強い力で毛を抜こうとするという、皮膚にとっての外からの強すぎる刺激から皮膚は自分を守ろうとしてメラニン色素を生成するのです。ですので、カミソリや毛抜きでの自己処理歴が長ければ長いほど色素沈着もひどくなります。

色素沈着でも脱毛できますか?

サロンの光脱毛は黒い色に反応する脱毛方法なので、脱毛してもらいたい部位が色素沈着している場合には脱毛はできないのでしょうか?ムダ毛の悩みを長く抱えてきた人の多くが黒ずみも気にしています。色素沈着の程度によって、施術してくれるサロンもありますので、恥ずかしがらずに無料カウンセリングを受けてみることをおすすめします。毛と同じぐらいの色の黒ずみだと火傷の危険性があるので対応してもらえないですが、一般的な黒ずみの色素沈着なら大丈夫のサロンが多いようです。また、ムダ毛の自己処理をしたことがないのに、黒ずんでいるのが気になる部位としてはデリケートゾーンのIラインやOラインがあげられます。自分ではなかなか難しいのでサロンで脱毛してもらいたい人の多い人気の部位なのですが、この部位はショーツで擦れたりして黒ずんでいるのが当たり前です。よっぽどひどい色素沈着でなければ大丈夫のところが多いようです。